一緒に旅行しましょう

「人生は冒険か、平凡の2つである。」

お金くれる人の募集
芸能事務所に入ったばかりため業界のことはよく分からない。だけど絶対俺は芸能界に入れると昔から思っていました。見た目には自信があります。ホストにも声をかけられたし、学生の頃もモテた。だから、原宿に行けばスカウトされる自信があって実際に行くとすぐスカウトされ条件がいい事務所に入りました。ここまで予定通りのプランだったけど、その先がうまく行かない。表舞台の仕事は出来ず雑誌にも小さいところに自分の写真が載るだけ。ここは予定外。この先ここにいてもなと思った時にマネージャーの知人を紹介されました。名前は木村佳子。年齢は50代。香水臭くて化粧も濃い。俺の苦手タイプだけど、木村さんとの出会いで俺は貢ぐ男に変わりました。貢ぐ男になった俺は木村さんの操り人形みたいな感じだった。初めて木村さんと会った時から俺をいやらしい目で見られていました。そして俺に「これからも私と会ってくれたらお小遣いあげるわよ。」と言って3万くれました。マネージャーからは「彼女のお気に入りになれば金の心配はしないですむよ。」と言われた。それからは木村さんが私が求める男に変わって欲しいと言われ服装、髪型、香水など色々指示があった。そして、俺にお金もたくさんくれた。「あなたには貢ぐための価値がある。」と言われた。芸能界に入りたくさんの人から好かれたい気持ちがあったのに今では木村さんに嫌われないようにしている自分が悲しくなった。そして、こんな年が離れたおばさんとHする時がもっと惨めに感じたがお金をもらえるとその気持ちが失せた。
パパ募集掲示板
パパ募集掲示板
セックスなしでお金

I BUILT MY SITE FOR FREE USING